FANZA REPORT 2018同人編

「FANZA REPORT 2018 同人編」とは、2017年10月1日から2018年9月30日までの直近1年間を対象に、今年10月に配信した“FANZA動画”に関する調査に続き、 “FANZA同人”に関しても同様に実施した統計調査になります。

本調査は、対象期間中に「FANZA」を訪問した約3億3千万人の利用情報からGoogle Analyticsを活用して抽出したデータに基づいたものであり、同人においてこれほど膨大な数を対象にした統計調査は、国内でも初めての試みと言えるのではないでしょうか。

なお、本調査と合わせて「FANZA REPORT 2018」も比較してご覧頂くとより一層お楽しみ頂けますので、是非両レポートを照らし合わせながらご覧ください!
【FANZA REPORT 2018】

また、末尾にFANZA同人でも活躍中のサークル「チンジャオ娘。」さんによる特設コラムも掲載していますのでお見逃しなく!

基本情報

1年間でFANZA同人を訪れたユーザーの数は約1億4千万人(145,805,763人)

1年間でFANZA同人を訪れたユーザーの数

これは、*ロシア連邦の総人口1億4680万人に匹敵する数が訪問したことを表しています。

1年間で新たに販売された同人作品数は約18,000タイトル

1年間の発売タイトル数

1917年から2016年2月までに発表されたTV 放映アニメ・劇場版アニメ・OVA 作品数は[*]約9,000タイトル。100年間で発表されたアニメ作品の2倍もの数がたった1年間でデビューしている計算になります。

ユーザーの男女比7:3

ユーザーの男女比
FANZA動画のユーザー男女比と比べても、若干男性が多いとはいえ、ほぼ同等

ユーザー年齢層

ユーザー年齢層
FANZA動画のユーザー年齢層と比べると若い人が数ポイント多いがほぼ同等

*65歳以上ユーザーが多い県 TOP5

前回覇者の奈良県はこれで2冠達成。そのほか上位県である「兵庫県」「長野県」「山口県」は、同人でも順当にTOP5入りを果たしております。

人気ジャンル

人気ジャンルTOP25発表 「寝取り・寝取られ」が人気ジャンルNO.1に。

人気ジャンルのTOP25

1年間で閲覧された人気ジャンルTOP25を発表。「寝取り・寝取られ」が、男女別・年齢別・男女別の全てのセグメントにおいて1位を樹立。国内の同人トレンドは今まさに「寝取り・寝取られブーム」であると言えます。『FANZA REPORT 2018』で明らかとなった「熟女」「人妻」人気は、ここ同人でもそれぞれ5位・2位に入るなど業界を牽引している様が見て取れます。

エリア別 人気ジャンル

エリア別人気ジャンル

全エリアで「寝取り寝取られ」が文句なしのNO.1を樹立。エリアごとでトレンドに大きな違いは見られませんが、強いて言えば、東北・四国で「巨乳」がやや低調なのが気になります。

男女別 人気ジャンル

男女別人気ジャンル

男女ともに「寝取り・寝取られ」がNO.1という結果に。「熟女」「母親」といった男性で人気のジャンルが、女性では人気奮わず。逆に、女性で人気の「中出し」「ゲイ」「ボーイズラブ」が、男性ではランク外となるなど、男女間でトレンドに大きな違いがあることが分かりました。

年齢別 人気ジャンル

年齢別人気ジャンル

 「寝取り・寝取られ」ジャンルは、ここでも全ての層からNO.1の支持を得ていることが分かります。「熟女」は、25歳以上で突如TOP5入りを果たしていますが、この傾向はFANZA動画でも同様に見られた動きです。「母親」は、35歳を境に上位ランクインしているのに対し、「催眠」「調教」「ビッチ」は、34歳までの若年層に高い支持を得ています。35歳を境目に好みが変化する様子が見て取れます。

サイトアクセス傾向

平日のサイトアクセス時間帯にFANZA動画とは異なる新たな特徴を発見!?

FANZA同人を観ている時間帯

FANZA動画で「早朝」に一度見られた平日のアクセスピークも、同人では「正午」という結果が得られました。多くの人が出勤している時間帯であることから、“昼休みにトイレで閲覧”がひとつのスタイルなのかもしれません。また、曜日でいうと「月曜日」に最もアクセスが高くなる傾向が見られました。月曜日といえば、休み明け一発目の出勤日であり、社会復帰しきれないことからの“現実逃避の表れ”と考えてもよいのでしょうか⁉

夏コミケ時のサイトアクセス傾向を切り取る

2018年夏コミケ時の時間帯別傾向

今年夏に開催されたコミックマーケット(夏コミケ[*])におけるFANZA同人サイトへのトラフィックを調査。初日の昼から3日連続で日中に大きなアクセスが見られます。その他特徴的なのは、初日の夜。コミケの興奮そのままに通常時の1.5倍超ものアクセスが集中しました。一方、2日目以降、夜はいずれも低調な結果に。翌日に向け“体力温存”している様が見て取れます。

いかがでしたでしょうか。

日本の同人文化に関する大規模調査によって、再び多くのトレンドが浮き彫りになりました。

今後も日本の性文化をリードしていけるよう、FANZAでは引き続き様々な角度から“エロに関する調査”を行って参ります。今後ともよろしくお願いいたします!

『FANZA REPORT 2018 同人編』特設コラム:チンジャオ娘。

僕らはみんなNTRている。

はじめまして。人の誕生日を聞いて10月下旬から11月上旬あたりだったら無条件で内心ちょっと小馬鹿にすることにしているチンジャオ娘です(この文章は12月24日の深夜に書いています※25日午前〆切)。

さて、FANZAレポートの同人版が発表されました。これは同人作品を作っている側にとっても普段なかなか知ることのできない、とてもありがたいデータです。その中でも特に作り手にとって気になるのは、やはり「人気ジャンル」だろうと思いますが…いやはや【寝取り・寝取られ】が圧倒的ですね。ここまでとは、正直驚きました。

私が「NTR(寝取られ)」という言葉を初めて聞いたのは10年以上前のことだったんじゃないかと思うのですが、その頃NTRは一部で需要がありつつもまだニッチというか、いわゆる特殊性癖の一つだったはずです。それがいまやこの大人気ぶりとなると、おいおい日本人大丈夫かよ。そりゃ少子化も進みますわ…という感想です。

しかし考えてみると、NTRほどオナニーに向いたジャンルというのもないでしょう。なぜならNTRの快感はオナニーでしか味わうことができないからです。自慰行為というものをセックスの代償行動だと考える輩も世の中にはいるかと思われますが、NTRオナニーについては断じて違います。だって自分がセックスしてしまったらその時点でNTRだと言うのは難しいですし、自分が今セックスできずに独り寂しくシコっているという事実もまたNTRオナニーにとっては興奮材料のひとつになります。確かに彼らは今このイブの夜に恋人とセックスしているかもしれないし、何なら既に10月下旬生まれの子どもとクリスマスケーキを囲んでいるかもしれませんが、その現実すらもNTR作品でオナっている私のオカズでしかないわけですから、なんというか勝っています!そもそも人間は他人がセックスした結果生まれてくる存在であるからして、ある意味生まれたその瞬間からNTRているわけで、そう考えればNTRが人気ジャンルなのも当然と言えるのではないでしょうか(この文章は12月24日の深夜に書いています)。              

さてここまで勝手に「NTR(寝取られ)」について書いてしまいましたが、今回の人気ジャンルの名前は【寝取り・寝取られ】でしたね(ここからは12月25日の朝に書いています)。

「NTR」はもともと「寝取られ」のみを指す言葉だったと思うのですが、昨今ではこのジャンル名のように「寝取り」も含んだ略語として用いられ「寝取り」「寝取られ」が一緒くたに扱われることも多くなってきたように思います。そして、その状況に不満を持っている方は少なくないのではないでしょうか。言うまでもなく「寝取り」と「寝取られ」では全く別の性癖ですから。

けれどもし2つが別のジャンル名に分けられてしまうと、それはそれでいざ作品を登録するときに困るようにも思います。なぜなら「寝取られ」作品を寝取る側の視点で「寝取り」作品として読むこともできますし、その逆もしかり。あるいは女性視点で読む場合「(自分が)寝取られる」という意味で「寝取り」も「寝取られ」も両方「寝取られ」になる…というように、読者次第で「り」にも「られ」にもなりうるからです。

そしてこのジャンルとしての定義のしづらさ、曖昧さこそが読者にとっての間口の広さであり「寝取り」「寝取られ」…広い意味での「NTR」の圧倒的人気の理由であるように思います。

エロ作品を読むときのスタンスとしては、大きく分けて「主人公や竿役といった男性視点」「ヒロインである女性視点」「誰にも感情移入しない第三者視点」の3つが考えられますが、NTR作品はそのどの視点で読んでも楽しめるという性質を持っており、その中でも特筆すべきは女性視点でしょう。

NTRは女性のみの集計でも人気1位だったわけですが、女性視点で見ればNTRは複数の男性に求められる言わばハーレム状態。それに竿役はそこそこイケメンのチャラ男だったり、テクニシャンで権力を持った中年だったり、無邪気で年の若い男子だったりと女性がわからしてみてもアリなキャラクターであるケースが多いわけですから、その人気もうなずけるはずです。

しかしNTR作品が女性に人気っていうのもまたなんかちょっとNTR心をくすぐりますよね。